SharpXはAutoVuシステムの一部分であるIPベース・ナンバープレート認識(LPR)カメラです。SharpXは、高解像度カメラと内蔵照明によりナンバープレート読み取り率で業界をリードし、すべてのアプリケーションで高精度を発揮しています。

高性能のナンバープレートカメラで更に多くのプレートをキャプチャ

SharpXおよびLPR処理ユニット

SharpXはシフトごとにより多くのナンバープレートをキャプチャするように設計されています。高速、好ましくない角度、極限の状況下など、あらゆる条件で最も正確なプレートの読み取りを行います。 

アプリケーションに最適なLPRカメラ

SharpXの汎用性の高いフォーム・ファクターと柔軟な構成により、固定式および移動式のナンバープレート認識のさまざまな用途に合わせて調整することができます。

付属

パトカー搭載のSharpX LPRカメラ

仕様

SharpX XGA
ナンバープレート認識
カメラセンサー
XGA 1024×946 プログレッシブ・スキャン 30 fps、 白黒
ワイド・モード (1280 x 808) および標準モード (1024 x 768)を設定可能
照明装置 0 lx (全暗)環境下でも使用できるパルス LED イルミネーター
複数の照明波長を選択可能
カメラレンズオプション 8 mm ・ 12mm ・ 16 mm ・ 25 mm ・ 35 mm ・ 50 mm
全体像カメラセンサー 640×480 カラーカメラ 30 fps
温度範囲 動作環境 -20°C ~ 65°C  ・  保管環境 -40°C ~ 85°C
IEC 60068-2-1:2007 試験 Ad  ・  IEC 60068-2-2:2007 試験 Bd
IEC 60068-2-14:2009 試験 Na
高温自動シャットダウンプロテクション含む
拡張温度範囲
(オプション)
動作環境 -40°C ~ 65°C
耐水性 IEC 60529:2001-02IPx5, IPx7
白・黒
耐振動 MIL-STD-810G Method 514.6C, Cat 4
耐衝撃性 IEC 60068-2-27:2008 試験 Ea
IEC 60068-2-31:2008 試験 Ec, Procedure 1
ハウジングとマウント 押出成形アルミニウムハウジング(ユニバーサルマウント用T溝スロット付)
外形寸法 約 42 × 約 120 × 約 123 mm (高さ x 幅 x 奥行)
マウントとケーブルを除く
重量 約 0.7 kg
電磁両立性 FCC part 15 Subpart B  ・  ICES-003 Issue 4
CISPR22: 2008 / EN55022:2010+AC2011
CISPR 24: 2010 / EN 55024:2010
EMC 指令 (CE マーク) 2004/108/EC と 2004/104/EC

 

AutoVu SharpX の仕様書をダウンロード(英語)

外部インターフェース 10/100/1000 Base-T ポート × 2
ナンバープレート認識カメラ入力: 構成により、2 または 4
外形寸法 約 32 × 約 22 × 約 12 cm
プロセッサー Intel® AtomTM プロセッサー N2600 
XGA ナンバープレート認識カメラ 4台まで
電源 DC12V ・ DC24V、60W (典型値)
4台のカメラの場合、X2S は約 76W ・X1S は約 61W
温度範囲 動作環境 -40°C ~ 65°C  ・  保管環境 -40°C ~ 85°C
IEC 60068-2-1:2007 試験 Ad  ・  IEC 60068-2-2:2007 試験 Bd  ・  IEC 60068-2-14:2009 試験 Na
高温自動シャットダウンプロテクション含む
重量 X1S: 約 4.2 kg ・ X2S: 約 4.8 kg
耐振動 MIL-STD-810G Method 514.6C, Cat 4
耐衝撃性 IEC 60068-2-27 Test Ea | IEC 60068-2-31 Test Ec, Procedure 1
電磁両立性 FCC part 15 Subpart B  ・  ICES-003 Issue 4  ・  CISPR22: 2008 / EN55022:2010+AC2011  ・  CISPR 24: 2010 / EN 55024:2010
EMC 指令 (CE マーク) 2004/108/EC | 2004/104/EC

AutoVu SharpX の仕様書をダウンロード(英語)

あらゆる場所でお客様に信頼されています

15年以上のナンバープレート認識技術の経験により、AutoVuナンバープレート認識ソリューションは、警察、駐車管理、その他さまざまな用途で、多くのお客様に導入いただいています。

City of Guelph

The city of Guelph in Ontario, Canada, installs Genetec's AutoVu license plate recognition system to increase efficiency of bylaw enforcement.

ビューのフィールドの拡張

通常のナンバープレートカメラの3倍の解像度を備えています。SharpX高解像度XGA+カメラは、モバイルアプリケーションで道路3車線にわたってプレートを読み取り、さらにカメラごとにより多くのプレートをキャプチャすることができます。

極限状況や高速でも信頼できる優れた性能

SharpXのプログレッシブスキャンにより、すべての気象条件において200mph以上の速度で、画像の鮮明度を向上させ、信頼性の高いナンバープレートの読み取りが可能になります。

全方位をカバー

SharpX (シャープエクス)のパワフルな Intel プロセッサーにより、各処理ユニットに高解像度ナンバープレート認識カメラを最大4台まで配備でき、自車両の前後左右や別車線を走行する車両のナンバープレートを取得することができます。

容易に情報を入手

フルカラーのコンテキスト画像を提供する第二センサーでのヒットを受信し、対処する必要のあるすべての情報を入手できます。Genetec(ジェネテック)の統一プラットフォーム、Security Center(セキュリティ・センター)を使用する場合、ナンバープレートの読み取りとヒットを、ビデオ監視アーカイブで相互参照することもできます。

夜間も昼間も優れた性能をアーカイブ

中断なく1日24時間稼動するSharpは信頼性を備えています。夜間や暗い場所でもナンバープレートを読み取り、車両メーカー、型式、色を十分な明確さで識別することができます。

状況認識の向上

SharpX (シャープエクス)の全体像カメラは、Security Center(セキュリティ・センター)内のビデオ監視ユニットとして使用し、ライブ・ビデオをストリーミングすることも、ナンバープレート読取前後のイベントを録画することもできます。

車両挙動分析

SharpX (シャープエクス)は、車両のメーカー、走行速度、および移動方向などを解析する AutoVu(オートビュー)の高度な車両解析パッケージをサポートし、車の傾向や不審な挙動を特定することができます。

ナンバープレート認識イベントによるアクションの設定

SharpX の処理ユニットの入出力ポートは、Security Center のイベントアクション・メカニズムを活用して、車両のアクセス権に基づいて車両ゲートを開閉したり、ビデオ監視カメラからインターホン・デバイスに至る統合システムを設定したりできます。