Airport Security System Image Seaport Security System Image Seaport Security System Image

交通運輸業界

将来も使い続けられる拡張性により、数千台ものデバイスと統合されたシステムに対応

ミッションクリティカルな信頼性により、ビデオおよびデータに常時アクセス

コスト効果の高いオープンさにより、ハードウェア投資保護と将来のアップグレードを提供

モバイルを利用した状況把握により、職員およびデバイス全体で情報を共有

ターミナルから車両まで1つのシステムで容疑者を建物から車両上までで追跡

Omnicast(オムニキャスト)のロゴ

オペレーターの意思決定を強化し、堅牢で機能の豊富なビデオプラットホームでの継続的なオペレーションを保証します。

Omnicast(オムニキャスト)は、当社の統合セキュリティシステム、Security Center(セキュリティ・センター)に搭載されたビデオ監視システムであり、空港の中およびその回りで起きていることをリアルタイムで確認できます。Omnicastによって、インシデントに注意が必要な場合に自動的にアラートを出すアラームを事前にプログラムして、数秒以内で動画の確認とブックマーク、抽出を行うことができます。各アラームに関連付けられたポップアッププロシージャによって、オペレーターは治安当局と規制に従って状況を適切に処理することができ、地図ベースのシステム管理で広大なターミナルビル全体を簡単にナビゲートして隣接カメラとその視点を特定できます。

高度なモバイル機能によってチームの状況把握能力が高まります。対応する警備員はモバイルデバイス経由で動画にアクセスでき、さらには現場のカメラに自分のデバイスを変更することもできるので、固定カメラからは得られることのできない視野が提供されます。

また、ダイナミックストリーム切替やヘルスモニタリングなどの機能によって、この高度に信頼性のあるIPビデオシステムはネットワークとストレージを最大化して、最大限の効率でシステムが確実に機能するようにします。

予期できないイベントを扱う能力を強化します。

Synergis(シナジス)のロゴ

動画と連動している高度な入退室管理システムでいつでも出入り口に強力な制御を行います。

Synergis(シナジス)は当社の統合セキュリティプラットホームであるSecurity Center(セキュリティ・センター)の入退室管理システムであり、空港の数百もの出入り口へのアクセスを簡単に監視して制御できます。地図から直接アクセス拒否アラームを処理してドアの状況を監視できます。ビデオ監視システムであるSynergis(シナジス)では、カード保有者の写真や資格情報がビデオタイルに直接リンクされているため、1つのアプリケーションから迅速に情報を確認できます。

また、Synergisは業界標準のリーダーやコントローラーを自由に選択できるので、専用デバイスに縛られることなく長期間ハードウェアの柔軟性が得られます。

Synergisの高度な報告は定期的に行って将来の利用のために保存でき、また、Active Directory統合などの機能によって、すべてのユーザーとカード保有者の情報をシステム全体で同期させて時間を節約し、費用のかかるエラーを削減できます。

ビデオと入退室管理を統合します。

AutoVu(オートビュー)のロゴ

駐車場から得た収益を最大化して、高度なナンバープレート認識(LPR)で請求を自動化します。

AutoVuはGenetecの統合セキュリティプラットホームSecurity Centerの車ナンバー認識システムであり、数多くの空港で使用されて駐車場施設をより良く管理してきました。駐車場の入口と出口に設置されたLPRカメラを使用すると、車両が入ってきた時刻、その車両が駐車した場所、出庫したかどうかを正確に知ることができます。利用者が駐車券を紛失したり車をどこに止めたのかを忘れた場合には、ナンバープレート検索を即座に実行して正しい指示を出し、適切な料金を徴収することができます。

警備車両にAutoVu LPRカメラを搭載することでも駐車場の警備担当が車への請求を短時間で自動的に徴収するので、他の仕事を処理することができます。日々の活動報告を、何台の車が駐車場にいるか、何日間いるか、などを知るために要求できます。

追加されたセキュリティのレイヤに対して、AutoVuは空港に近づいてくる容疑者や盗難車について警備担当に警告できるので、予防的に介入するように警察を派遣することもできます。

収益と格段に効率な技術を利用しましょう。

将来も使い続けられる拡張性により、数千台ものデバイスと統合されたシステムに対応

ミッションクリティカルな信頼性により、ビデオおよびデータに常時アクセス

コスト効果の高いオープンさにより、ハードウェア投資保護と将来のアップグレードを提供

モバイルを利用した状況把握により、職員およびデバイス全体で情報を共有

ターミナルから車両まで1つのシステムで容疑者を建物から車両上までで追跡


Omnicast(オムニキャスト)のロゴ

柔軟で機能の豊富な動画システムを車両とターミナルに搭載することで、インシデントに対する応答時間を短縮します。

IPビデオ監視システムとしてOmnicast(オムニキャスト)を選択すると、動画がワイヤレスで運用制御センターに転送されるので、リアルタイムで数百台もの車載カメラを監視できます。

Omnicast(オムニキャスト)の自動化されたアラーム通知と解析の統合によって、モバイルデバイス経由で動画を警察機関に安全に提供することで、予防的にインシデントに対処したり、緊急応答をエスカレーションすることができます。

このオープンアーキテクチャのビデオシステムによってご自身でカメラとサーバーを選んだり、エッジ録画機能を備えたカメラを選ぶことでサーバーレスにすることもできます。また、帯域幅の最適化機能と、H.264、MPEG-4、MJPEGを含むビデオ圧縮のサポートによってネットワークに負荷をかけ過ぎることなく優れたビデオのクオリティが約束されます。

固定システムとモバイルビデオシステムを統合します。

Synergis(シナジス)のロゴ

サーバーベースのインストールでは、カメラを選択し、それらをOmnicastシステムによってビデオが管理、格納されているオンボードサーバーに接続します。そしてビデオは長期保存と検証のため、ワイヤレスネットワークを通して自動的に中央サーバーにオフロードされます。

どのような結果になるでしょうか?パワフルな車載式監視システムをお使いいただけます。たとえば将来、ハードウェアのアップグレード時に、同じサーバー上で車両内広告などの他のアプリケーションを実行可能というような、さらなる柔軟性をメリットとして享受できます。

Omnicast(オムニキャスト)のロゴ

サーバーレスのインストールによって、エッジレコーディング機能を備えたIPカメラを選択して、直接カメラに映像を保存することができます。Omnicastのビデオ・トリックリング機能によって、その後中央サーバーに映像のワイヤレス転送が可能になり、即座に、全車両からの録画にアクセスできます。

最後はどのような結果になりますか?信頼性の高い高度なIPビデオ管理システムをお使いいただき、コストを削減し、今後数年間ハードウェアのメンテナンスにかかる費用も節約できます。

将来も使い続けられる拡張性により、数千台ものデバイスと統合されたシステムに対応

ミッションクリティカルな信頼性により、ビデオおよびデータに常時アクセス

コスト効果の高いオープンさ により、ハードウェア投資保護と将来のアップグレードを提供

モバイルを利用した状況把握により、職員およびデバイス全体で情報を共有

ターミナルから車両まで1つのシステムで容疑者を建物から車両上までで追跡


Omnicast(オムニキャスト)のロゴ

最先端のビデオ監視システムで水の侵入監視や入口の船舶の港湾を保護します。

Omnicast(オムニキャスト)は、当社の統合セキュリティプラットホーム、Security Center(セキュリティ・センター)の主要なビデオ監視システムであり、海岸から数マイル離れた広大な港湾の土地をカバーします。このオープンで柔軟な動画管理システムは直感的な地図機能を提供するので、ブイにあるワイヤレスカメラから施設の各所にあるPTZや固定カメラまでの数千規模のデバイスを簡単に管理できます。

レーダーやソナーの技術との統合によって、このオープンな動画管理システムは、船舶が港に近づいたときにアラートを発するので、望んでいない船や許可されていない船を停止させるように通関や国境の警備隊を即座に派遣することができます。

盗難や詐欺が起こったと知らされた場合、直感的な捜査ツールによっても捜査当局に引き渡す必要のある動画を即座に確認し、ウォーターマークを付け、抽出することができます。また、緊急時には、リモートまたはモバイルの機能によって主要な利害関係者の中で情報を共有できます。

IPビデオを利用して海の安全を保ちましょう。

Synergis(シナジス)のロゴ

統合されたTWIC準拠の入退室管理システムと港湾の建物のアクセスを強化します。

港を行き来する船、トラック、貨物業者が毎日数百名もいる状況で、当社の統合セキュリティプラットホームSecurity Center(セキュリティ・センター)の入退室管理システムであるSynergis(シナジス)は、建物への物理的なアクセスを簡単に監視できるようにします。ビデオ監視と統合されたSynergisは、カード保有者の写真と資格情報を1つのビデオタイトルの中で提供するので、アクセス拒否アラームが鳴ったときに簡単に情報を検証できます。

また、地図からドアとアラームの状況を管理して、最も近くの場所にあるビデオカメラを選び出してそのイベントのビデオを確認できます。オープンな入退室管理システムなので、Transportation Worker Identification Credential(TWIC)カードをサポートするものなど、独自のドアコントローラーやリーダーを選択する柔軟性が提供されています。

長期にわたって、Synergisは簡単にシステムを拡張でき、最新の技術やビジネスシステムをも組み入れることができる将来への保証が約束された選択肢です。

オープンで統合された入退室管理システムへの投資をご検討ください。

AutoVu(オートビュー)のロゴ

高度なナンバープレート認識(LPR)で港湾に出入りする人を認識します。

AutoVuはGenetecの統合セキュリティプラットホームSecurity Centerの車ナンバー認識システムであり、施設に入るあらゆる車両を追跡することができます。LPRカメラの視野を横切るすべての車について、そのナンバープレート、色の画像、日付、時間をキャプチャします。これによって、貨物の盗難や不正行為に適切に対処し、運輸業者が賠償請求に弁明するための重要な情報を得ることができます。

AutoVu(オートビュー)は、またビデオ監視にも統合できるので、正確な車両情報を得られるだけでなく、運転者のIDなどの事実を確認するためにそれぞれのナンバープレートの読み取りにリンクされたビデオを取り出すこともできます。

AutoVu(オートビュー)ナンバープレート認識システムでは、自動認証やホワイトリスト車両またはブラックリスト車両の作成を行うことができ、許可された車両の自動入庫の入退出管理にも統合できます。

ナンバープレート認識がどれだけオペレーションを向上できるかを発見してください。

交通運輸業界に最適な柔軟性の高い、将来性に優れたプラットフォーム

監視、報告、アラーム管理といったセキュリティ運用の共通する側面を標準化し、単一の直感的なプラットフォームの内部に構成することにより、運用コストを抑えながら、オペレーターの生産性を高めることができます。統合セキュリティプラットホームのパイオニア、Security Center(セキュリティ・センター)を選択する理由がそこにあります。その主な利点を紹介します。

切れた鎖の画像

オープンアーキテクチャの自由さ

独自のソリューションのために、お客様が不自由な思いをする必要はありません。Security Center(セキュリティ・センター)は、お客様自身のペースでカメラやサーバーを追加して、ニーズに合った統合セキュリティシステムを構築できます。

上昇曲線を示すトレンド・グラフの画像

比類のないスケーラビリティ

IP、アナログカメラ、LRPカメラから、入退室管理コントローラー、ドア・リーダーに至るまで、デバイスの数が数百、数千に達しても、どのような規模にもシステムを拡張できます。

ネットワークノードの画像

固定システムと車載システムの統合

固定システムと車載システムすべてを1つのプラットホームで管理して、アプリケーションを切り替えることなくすべてのオペレーションで何が起こっているかを完全に記録します。

ギアの画像

フォールト・トレラントな信頼性の高いシステム

最高水準のシステム可用性を実現する機能の搭載により、安心してご利用になれます。システム障害が発生した場合でも、ビデオおよびデータのアクセスと整合性が保持されます。

タッチスクリーンの画像

モバイル共有の安全を確保

緊急時に警察当局とビデオ映像を共有したり、強化された状況把握のためにiPhone、iPad、BlackBerry、Androidなどのモバイルデバイスからライブイベント中にカメラにアクセスしみあす。

お客様

空港、公共交通車両、港湾がどのようにGenetec(ジェネテック)のソリューションを活用して安全性と運用の効率を向上させているかをご覧ください。

Calgary Light Rail Transit System

カルガリーのライトレールトランジットシステム。市は乗客の安全を守るためにGenetecのOmnicastビデオ監視プラットホームを採用。