• 録画ソリューションの信頼性を向上させます。
  • 興味のあるビデオのみを適切なタイミングで転送し、帯域幅の使用率を最適化します。
  • サーバーレスにより、リモートサイト録画のコストを削減します。

興味のあるビデオのみを転送し、コストを削減、帯域幅の使用率を最小限に抑える

ビデオ・トリックリング機能は、ユーザーにエッジデバイスから長期保管用アーカイブにビデオをオンデマンドで転送し、エッジデバイス(IPカメラおよびエンコーダー)の録画機能を活用します。SD/SDHCカード、USBストレージ、iSCSI、内蔵ハードディスクなどのカメラのメディアに直接ビデオを録画すると、更に信頼性を向上させることができ、たとえば、ネットワークが途切れている時でもビデオの信頼性を確保できます。また、帯域幅の使用率を最適化し、アーカイバに転送される録画ビデオのインスタンスの時間と種類を制御することで、潜在的なサーバーコストを削減できます。

ビデオ・トリックリングを使用すると、ユーザーは時間、再生リクエスト、イベント(モーション、解析、乾接点)、アラーム、ブックマーク、ユニットがオフライン時の間隔などの転送フィルタを使用できるので、様々なサーバーレス、あるいは信頼性の高い応用が可能です。

Omnicast Video Trickling Architecture Diagram

ブックマークされたビデオをシングルサイトに転送し、ストレージコストを節約

エッジ録画機能を持ったカメラは、ストリーム映像を継続的に録画サーバーに送信する代わりに、ビデオ・トリックリングを利用してビデオを録画し、保存用のOmnicast™(オムニキャスト)システムに定期的にビデオを転送できます。オペレーターは、イベント確認のために積極的にカメラを監視し、ビデオを再生でき、ブックマークを使って、長期保管用アーカイブに転送する興味のあるビデオを選択できます。

ユーザーは、エッジデバイスから長期保管用アーカイブにビデオを移動させるためにイベント、スケジュール、手動の各転送モードから自由に選択し、転送モードを制御できます。たとえば、ビデオ転送をネットワークの需要が低い場合や営業時間外にスケジュールできます。イベント前およびイベント後の時間範囲などの追加フィルタを使用すると、アーカイバに転送するビデオの時間をより細かく制御できます。

カメラだけがあるWAN上の離れた場所を設定

離れた場所に完全なサーバーをセットアップする代わりに、ユーザーはビデオ・トリックリングを使用して、リモートサイトでモーション検知された場合やアラームが発生した場合のみ、エッジデバイスから長期保管用アーカイブにビデオを転送できます。転送するビデオを潜在的に興味のあるビデオのみに制限すると、ストレージおよびメンテナンスのコストを削減でき、また継続的なストリーミングに比べ、WANの負荷を押さえることができます。

ユニットのオフライン時にビデオを復元して、更に信頼性を向上

Omnicast(オムニキャスト)はAuxiliary Archiver(補助アーカイバ)を使用してカメラからの映像を録画します。カメラへの接続が失われると、Auxiliary Archiver(補助アーカイバ)の録画は中断されますが、ユニットがオフラインになっていた時間範囲はメモリ上に保持されます。ビデオ・トリックリングでは、接続の復旧時にAuxiliary Archiver(補助アーカイバ)が録画を再開し、システムは接続障害により影響を受けたユニットのビデオ転送を自動的にスタートさせるので、システムの信頼性が一層高まります。ユニットが切断されていた際に録画されたビデオのみが転送されるので、ネットワークへの影響を最小限に抑えられます。