Calgary Light Rail Transit System

1981年に、カナダのアルバータ州カルガリー市は、市内の観光客や住民のためにライトレールトランジット(LRT)を開業しました。今日このLRTは駅数も倍増し、年間9500万人の乗客を誇っています。通称で "CTrain"と呼ばれ、3本の路線は46㎞、38駅を結び、市内の繁華街を通って7番街上に来ています。この混雑エリアの10駅は運賃無料ゾーンで、街の中心の交通渋滞の軽減にも一役買っています。

課題

CTrainシステムが最初に導入された時、CCTVシステムはテープにアナログビデオを送信するというアナログカメラのマトリックスからなるものでした。フッテージを処理しアーカイブして、最終的にはデジタルビデオレコーダーに。技術的にもユーザーインターフェースも古いものでした。カルガリー市は、システムの寿命は近いと判断していました。キーパースンが、新しいソリューションを模索していたのでシステム障害が懸念されていました

CTrainのお客様には、モニタリングと安全な交通を提供するという課題があります。 公共交通機関は、まず迅速な乗降、そして乗客が不便を感じることのない安全性を同時に確保しなければなりません。

エンドユーザーのニーズ

CTrainのビデオ監視システムをリニューアルするにあたって、品質が重要課題でした。フレキシビリティを最大に活用できるだけでなく、大型モニターのウオールとすぐ統合し、複数のワークステーション間で実行可能な、評判の高いオープンプラットホームのソフトウェアが求められます。

また新駅の増設など、CTrainのコンスタントな成長に伴って、必要に応じて容易にシステムを拡張する能力、多数のソフトウェアのコンフィギュレーションオプションが必要と考えました。

これらの条件にIPソリューションが最も適していると判断されました。インフラのコストが縮小できるので、物理的な場所の数(すなわち駅)が増えて、セキュリティを増やせます。

さらなるメリットは、堅牢なネットワークです。これは単にセキュリティ·プラットホームの構築というだけでなく、輸送機間全体の進化を促進します。このネットワークはCTrain管理のあらゆる側面に高度な技術バックボーンを提供し、スムースな運行を支えてゆきます。

カルガリー市は、利用可能オプションについて学ぶために提案依頼書を出しました。カルガリーのニーズや輸送環境で予想されるトラブルを評価した後、Contava(Genetecユナイテッドエリートセキュリティインテグレーター)は、GenetecのOmnicastビデオ監視プラットホームをベースにした入札を行いました。慎重な評価の後、Contavaが選ばれ、カルガリー市に新しいセキュリティソリューションが導入されることになりました。

完璧なソリューション 

プロジェクトが本格的に始まりました。CTrainのOmnicastシステム設計が出来上がると、9ヶ月でのすべての駅の内部が改造され、カメラが設置されました。

「こんなに短期間でソリューションが導入できるとは。今までで最も成功したセキュリティプロジェクトに違いありません」(サイム氏 Contava オペレーションディレクター) ビデオ監視システムのOmnicastは、Genetecの統合セキュリティプラットホームSecurity Center(セキュリティセンター)の中の、スタンドアロンシステムとしてインストールされました。この統合プラットホームSecurity Centerは、入退室管理機能の可能性も含めた拡張オプションを有し、将来複数のシステムを組み合わせることになっても、シームレスでシンプルなユーザー・インターフェイスのままで使える特徴を持っています。

CTrainシステムは、H.264録画が可能なバンダルプルーフドーム付き471万画素パナソニックWV-NW502Sカメラを採用しています。

追加として、23台のパナソニックWV-NW964屋外用PTZ(パン·チルト·ズーム)カメラもあります。 パナソニックWJ-GXE500 H.264圧縮機能付きつIPエンコーダは、カルガリー以前のソリューションの残り物のアナログカメラを活用しています。資金を節約できました。

このシステムは、Dell R510と R410サーバーでホストされていて、駅全体の分散型アーカイブを可能にし、ネットワーク全体を30日間30fps(1秒あたりのフレーム数)記録できるかなりの量を備えています。

また、繁華街の市役所インフォメーションテクノロジーデータセンターハウスは、ビデオ、アーカイブディレクトリの冗長構成がなされ、コアネットワークレイヤー自体が冗長化され、複数のリング·アーキテクチャで構成されています。 

CTrainが操業する時間は、三人のオペレーターがリアルタイムで送られてくる画像を映し出す

9x2列の46インチベゼルレス三菱VS-L46SM70U液晶モニターを見つめて、常時監視を行っています。 システムデータには、カルガリーの公共安全オフィスのOCC(オペレーション·コントロール·センター)からアクセスでき、警察は、調査のため監視データをリクエストし、この機能を使用することができます。

またこのシステムはレスポンスタイム短縮のために警察のオフサイト·ビデオ·アクセスを提供する能力があります。プライバシーインパクト評価は、このオプションの実行可能性を調査するために行われています。 Citrixのアクセスはシステムのリモートメンテナンスを許可するように設定されています。

「Omnicastを選んだ主な理由のひとつは、その柔軟性です。システムのアーキテクチャデザインの柔軟性のおかげで、私たちは障害ポイントを最小限に抑えられます。 各メーカーの製品には、それぞれのライフサイクルがあります。ベンダーの都合でなく、機材を私たちの都合で自由に組む。オープン・アーキテクチャでそれが可能になったのです。

システム全体は基本的に安価です。カメラ一台ごとの方式より安いのです。限られた予算でカバレッジを最大限に拡げられたのもメリットですね」(コリン・アダレイ氏 カルガリー市CCTVシステムプロジェクトマネージャ兼エンジニア)

「Omnicastを選んだ主な理由のひとつは、その柔軟性です。システムのアーキテクチャデザインの柔軟性のおかげで、私たちは障害ポイントを最小限に抑えられます。 各メーカーの製品には、それぞれのライフサイクルがあります。ベンダーの都合でなく、機材を私たちの都合で自由に組む。オープン・アーキテクチャでそれが可能になったのです。

システム全体は基本的に安価です。カメラ一台ごとの方式より安いのです。限られた予算でカバレッジを最大限に拡げられたのもメリットですね」(コリン・アダレイ氏 カルガリー市CCTVシステムプロジェクトマネージャ兼エンジニア)

SCADAシステムは、駅のエレベーターやエスカレーターの運行といったメカニカルな管理や、駅のヘルプ電話応答などの様々なものに、オペレーターが迅速な対応ができるようサポートしています。

  これをOmnicastと統合する。それはSCADAシステムがビデオウォールやオペレーターへのデジタルインタフェースに、シリアルでアラートまたはリクエストを出すことを意味します。

Omnicastはまた、ビデオのアラートが受信されたかを確認するSCADAシステムに応答し、オペレーターが遠隔でSCADA経由してシステムを制御することもできます。

  このプロセスは、例としてエレベーターの動きなど、アクション承認に先がけて、市民の安全ポリシーが必要とされます。

ビデオ監視システムのOmnicastが選ばれて、カルガリー市は、以前のシステムよりずっと多くのメリットを感じています。 

「すべての機能はいまLRTにあり、です」(サイム氏) メインはリアルタイムにパブリックアクセスを監視し、事件の調査は必要に応じて文書化します。そのアシストもOmnicastがあればこそ。Omnicastの使いやすさのおかげで、3人のオペレーターはトレーニング後これを大いに活用しています。

地図インターフェースもオペレーターが迅速かつ容易にカメラのある場所を特定することができます。その際、複雑で膨大なデータシートを参照することはありません。

ビデオ解析もまたシステムと統合されました。フィードのような大音量を監視するのを助け、High-Definitionビデオストリームの使用を微調整するために自動アラームを可能にするものです。 不正アクセスアラームなどの分析は、今後の計画として検討されています。

メリット

静的で非応答のアナログシステムから移行して、CTrainは、「まさにあらゆる方向で」戦略を見つけることができたとアダレイ氏は述べています。「以前にはなかった贅沢です。おまけに、システムの設定機能と柔軟性のおかげで、プロセスそのものが変わったのです。ハードウェアの調達、パフォーマンス測定、権限の細かい設定など、これらがずっと楽になりました。

「システムが記録した画像は高品質で、非常によい反応がありました。そして情報検索のしやすさ。これは、列車の到着時間やインターロック作動の評価に採用されています。 CTrainの新システムの最大のメリットは、セキュリティ技術の向上です。高解像度の画像は、犯人の識別に不可欠の技術であり、これを高度なナビシステムによってすぐに警察に送ることができます。

信頼性、確実性、応答時間に優れたプラットホーム。これはカルガリーの交通システムのような組織にとって、非常に大切なことです。非常事態に迅速に対応するシステムが整備され、効果も確認されている。私たち組織が安全のためにベストを尽くす環境を手にしました。それゆえに、自信を持って国民に安心感を与えることができるのです。私たちは、常に多くの人々で賑わう国際空港や大規模なショッピングモールにGenetecのソリューションが大規模に導入され、充分な効果をあげている実例を見てきました。このプラットホームがかなりの規模に拡張できるとわかりました。

Genetecは、オペレーターたちがライブ映像や録画映像を表示したり管理する、そのための最高のインターフェイスを用意してくれています。これらの2つの要因 ---エンタープライズ・アーキテクチャーとユーザビリティのためのスケーラビリティ--- は、システムを作成するために結合し、今の環境に完璧にフィットしていますが、それだけではありません。これは、現在使用可能な最強のビデオ管理プラットホームでもあるのです」(サイム氏) 

カルガリーライトレールトランジットシステム画像

カルガリーの CTrain セキュリティオペレーションセンター。 カルガリーの CTrain セキュリティオペレーションセンター。

Omnicast
Security Center
Transportation