主な利点

  • 集中監視、レポート、アラーム管理で施設を一括表示
  • ローカルサイトやリモートサイトの運用を保ちつつ組織のグローバル化を支援
  • 単一サイトから複数のサイトを監視することで無駄をなくし、セキュリティコストを削減
  • すべてのリモートシステムへの接続に単一の統合プラットフォームとインターフェースを使用することで、標準化を促進
  • サイト間の連携およびセキュリティ設備やインフラの共有を促進
  • プライバシーを侵害することなく、公的な治安機関との協力や情報共有方法を単純化


    PDF をダウンロード

すべての拠点を一括表示し、社内セキュリティを強化する

Security Center Federation™ は複数拠点や組織の集中監視、レポート、アラーム管理を行い、同時にピーク時以外の業務を合理化します。

Federation はカメラ、ドア、ナンバープレート認識ユニット、侵入パネル、およびこれに関連するすべてのイベント、アラーム、ナンバープレート認識の該当データをサイト間で同期する、高度に拡張性の高いアーキテクチャを備えています。情報がリアルタイムで自動的に同期されるため、各サイトに個別に接続したり、サイト間でデータを手動で同期したりするといった手間のかかる作業が不要になります。

Federation は拡張を前提に構築されているため、何千ものリモート入退室管理システム、ビデオ監視システム、ナンバープレート認識サイトへの接続が可能です。

動画(英語)

Watch Video

使用事例

市街地監視
市や地方自治体はその地域全体に存在するシステムを監視できます。公共団体や民間組織もセキュリティデータ、ナンバープレート認識の読取結果、および検索結果を共有できるので、調査範囲が広がります。


集中監視サービス
中央監視ステーションと警備サービスプロバイダーは、顧客のシステムの種類(ビデオ、入退室管理システム、ナンバープレート認識)にかかわらず、数千件ものリモート顧客アカウントを単一のプラットフォームから監視できます。


複数サイトを持つ大規模組織
多国籍組織や複数のキャンパスを持つ教育機関は、特にオフピークの時間帯に業務を集中管理できるので、コストを抑えて効率を上げることができます。



マルチテナント環境
建物に複数のテナントがいる場合であっても独立性を維持しつつ、共通のインフラと監視コストを共有できます。

Federation アーキテクチャ

リモートの  Omnicast™(オムニキャスト)ビデオ監視システムSynergis™(シナジス)入退室管理システム、または AutoVu™(オートビュー)ナンバープレート認識システムを監視している場合、リモートのライブビデオや録画データの監視、PTZカメラの制御、アラームや該当データの監視、入退室管理アクティビティの追跡、ドアの制御、グローバルレポートの実行などさまざまなことができます。

Security Center Federation™ Diagram

 

主な機能と仕様

    • フェデレーション対象になるエンティティ
      • カメラとエンコーダ
      • ドアとエレベーター
      • カード保有者とグループ
      • アラーム、ゾーン、侵入パネル
      • 固定およびモバイル型ナンバープレート認識ユニット、車両リスト
    • 300,000以上のエンティティを監視
    • 2,500のリモートサイトに接続
    • すべてのリモートサイトからリアルタイムイベントを受信
    • フェデレーションされた(リモート)サイトは共有するデータを設定しつつ、ローカルの自主性も保持
    • リモートのPTZカメラの制御または録画データの表示
  • リモートのドアロックを解除または標準動作を一斉無効化(オーバーライド)
  • すべてのリモートサイトにモバイルアプリとウェブブラウザでアクセス可能
  • リモートの侵入パネルの実行または解除
  • 集中管理ですべてのアラームに
    確認応答
  • グローバルレポートを実行してパターンを簡単検索
  • 拠点間で下位/上位互換性あり
  • 接続時に認証要求をサポート
  • Federation にフェールオーバーを設定することで稼働時間を保証