主な特徴

  • 単一カードの方式に移行することによって運用コストを削減する
  • 一元化されたカード保有者管理モデルへの移行をできるだけ円滑にする
  • リモートサイトの自主性を必要に応じて許可する
  • 主要タスクの自動化によって人為的ミスとセキュリティの不備をなくす
  • Security Centerのウェブクライアントを使用して、いつでもどこからでもグローバルカード保有者と資格情報を管理します

マルチサイト共有を強化し、グローバルカード保有者管理処理を最新にする

グローバルカード保有者の管理では、複数サーバーの同期によって複数の独立したSynergis™入退室管理システムにわたってカード保有者、カード保有者のグループ、証明書、およびバッジテンプレートを管理できます。新しく作成または変更したカード保有者および証明書は、場所に関係なくすべての参加サイトで同期することができ、組織全体での共有と標準化を推進できます。変更は中央で行うことも、リモートで開始することもできます。マルチサイト、多国籍、マルチテナントの展開に最適なので、1つのサイトでの変更が即座に他のすべてのサイトに伝達されることを知れば安心できます。

サンプルアプリケーション


ワンカードソリューションへの移行

最終的にすべてのサイトで使用できる単一の証明書または企業カードを発行できるので、証明書関係のコストが大幅に削減され、社員は気楽に各地を移動できるようになります。




管理サービスとマルチテナント環境
管理サービスを提供するユーザーまたはマルチテナント環境を管理するユーザーも、グローバルカード保有者管理のメリットを受けています。単一のシステムのように複数のサイトを管理できるので、リモートサイトにいちいちログインする面倒がなくなります。




大規模なマルチサイト組織
大規模な多国籍組織で一元管理が利用できるようになりました。新規または変更されたカード保有者と証明書は、リモートユーザーには透過的に一元的に管理してリモートサイトに同期させることができます。




地域の自主性のある一元管理
カード保有者と証明書管理のために一元化モデルに移行する場合、リモートサイトはアクセス権と入退室管理ハードウェアに対してローカルの自主性を維持できます。これによってセキュリティはローカルで取り扱うことが保証されます。

グローバルカード保有者の管理アーキテクチャ:

グローバルカード保有者の管理の中心は、リモートサイト間と同様、中央のサイトからリモートサイトに情報の流れを管理する企業アーキテクチャです。この情報の流れはユーザーには透過的に自動化されていて、途中の負荷やエラーを削減します。

 

 

主な機能と仕様

    • 同期されるエンティティ:
      • カード保有者とカード保有者グループ
      • 証明書とバッチのテンプレート
      • カスタムフィールド
    • 数百のリモートサイトに拡大可能
    • 数万のカード保有者をサポート
    • 自動化されたサイト間同期
    • オンスケジュールまたはオンデマンドでサイト間の同期を設定するオプションがあります
      サイト間
  • リモートサイト間でカード保有者を同期
  • 1つの中央サイトから1つ以上リモートサイトへカード保有者を同期します
    リモートサイト
  • リモートサイトはローカルの自主性を保持できる
  • リモートで管理されるアクセス権により、ローカルリソースがセキュリティニーズの管理を続行できます
    セキュリティニーズの管理を続行
  • Webクライアントでグローバルカード保有者を管理