• 警察官が読み取りやヒットの位置を簡単に特定できる
  • 車載LPRデータ検索の効率が向上する
  • 駐車場のチケットデータ入力を自動化して違反住所の誤りを回避する
  • 位置データを証拠としてまたは違反の論争をサポートするために使用する

より良いユーザビリティのためのナンバープレート読み取りの高度なマッピング

When using our AutoVu™(オートビュー)ナンバープレート認識ソリューションをモバイルアプリで使用するとき、それぞれのナンバープレート読み取りは、読み取りまたはヒットが行われた位置のGPS座標で地理上のタグが付きます。それぞれの読み取りは車載インターフェイスマップ上に表されるので、オペレーターは読み取りとヒットがどの場所で起きたのかを簡単に特定できます。マップ上の読み取りを選択すると、GPS座標に加えて関連する住所が提供されます。車載マッピングは読み取りまたはヒットの検索を簡略化し、主なナンバープレート認識情報を特定して全体の生産性を飛躍的に向上させる時間を節約します。

警察アプリケーションでの車載マッピングの効果を経験する

新しい指名手配車両の無線通知を受ける警察官は、GPS座標であってもこのデータを具体的な場所に変換するのに難しさを感じるでしょう。車載マッピングでは、以前の読み取りやヒットの場所がマップ上で即座に表示できるだけでなく、警察官がシステムから住所を要求することもできます。その後、警察官はヒットの読み取りを縮小または拡大して正確な場所または最新の目撃情報を特定できます。

駐車管理アプリケーションの車載マッピングで便利さを保証する

駐車アプリケーションで、AutoVu(オートビュー)は、ナンバープレート番号、プレートの画像、日付、時間、読み取りの実際の住所などの他の中心的な情報とともにマップに読み取りを提供します。時間制限のある駐車では、単にGPS座標を使用して自動車が目撃中に移動していない と検証することは、違反が発生したかどうかを判断するのには十分です。

駐車場所によってではなく地区によって時間制限が設定されるゾーンでは、システムは地区の境界のGPS座標と同様に最初と最後のGPS位置を使用して違反を特定することもできます。GPS座標が違反データの一部として保存されるので、住所も利用できます。これは、AutoVuが違反が発生したかを判断してオペレーターに警告を発するために市のブロックの端がわかるマップを必要とするので、ブロック面で時間制限のある駐車管理にも適用できます。