• 高度なタイル内コマンドにより、オペレーターのタスクにおける負担を軽減
  • 厳戒態勢における容疑者追跡の効率性を向上
  • 時間を節約し、重要な捜査を円滑化

カメラを簡単に切り替え、施設内にいる人物を追跡

従来のビデオ監視システムでは、容疑者がカメラの視界から外れた場合、オペレーターは手動で隣接するカメラを探す必要がありました。この作業には時間がかかり、特に数千台、数万台に及ぶカメラがあるシステムで行う場合、非常に複雑なタスクになります。視覚追跡機能を使用すると、事前定義されたグラフィカル・オーバーレイをクリックして、ビデオタイルから直接隣接するカメラを選択できます。これらのオーバーレイを利用すると、長時間の検索の手間を省き、ライブ映像の監視や捜査の効率性が向上します。

Omnicast Visual Tracking Designer Screenshot

リアルタイムで追跡するためにシステムを事前設定

視覚追跡デザイナーを使用すると、管理者はカメラ画面上に半透明の図形(オーバーレイ)を追加し、それぞれの図形を1台以上のカメラにリンクできます。オペレーターがライブ監視モードでその図形をクリックすると、現在のカメラから隣接するカメラにすべてをリアルタイムで、すべてを同じディスプレイ内にビデオストリームを自動的に切り替えます。

視覚追跡のオン・オフは簡単に行えます。視覚追跡機能を有効化すると、半透明の図形(オーバーレイ)とテキストにより利用可能なコマンドが表示され、無効化するとすべてのオーバーレイが非表示になります。

再生時に容疑者を追い、捜査を迅速化

視覚追跡を使用すると、再生モード中でも現在のカメラから隣接するカメラにクリックするだけで切り替えられます。セキュリティ担当者は、録画ビデオの再生中でもライブ監視の場合と同じように、カメラを隣接するカメラに簡単に切り替えられます。この機能により、オペレーターは実際に起きていることを把握しやすくなり、捜査を大幅に迅速化できます。

Omnicast Visual Tracking Hotspots

お客様自身のペースで手動のガードツアーを実行

ガードツアーを自動で実行させる代わりに、視覚追跡を利用して自分のペースで実行してください。同じディスプレイ内でカメラを隣接するカメラに手動切り替えすることで、セキュリティ・ワークステーションからお客様自身のペースでビデオ・ガードツアーを実行できます。

お客様自身のペースで手動のガードツアーを実行

視覚追跡では、再生モード中でもカメラから隣接するカメラへの切り替えがシンプルなクリックのみで行えます。セキュリティ担当者は、録画ビデオの再生中でもライブ監視の場合と同じように、カメラを隣接するカメラに簡単に切り替えられます。この機能により、オペレーターは実際に起きていることを把握しやすくなり、捜査を大幅に迅速化できます。