• ナンバープレートが誤って読み取られるときでも最高レベルで比較する
  • ナンバープレートの読み取りに可能性の最も高い精度を保証する
  • 対象車両すべてを特定するために信頼できて正確なナンバープレート認識システムを使用する

ナンバープレート認識システムを信頼することで可能性の最も高い精度が提供される

当社のナンバープレート認識システムである

AutoVu™(オートビュー)のファジーマッチング機能は、ナンバープレートが誤って読み取られるときでも対象車両とおそらく一致するものを通知する検証のもう1つのレベルを追加しています。ファジーマッチングは、警察許可と時間制限のある駐車管理、入退室管理または市街地と交通の監視など、条件の厳しい多くのアプリケーションのすべての読み取りで最高の精度を保証します。アプリケーションによって、最も正確な結果を得ることは、対象車両を早く特定することか、施設に正しい車両を入れることのどちらかを意味します。

最良のナンバープレート認識結果のための組み込みファジーマッチングの活用

汚れや積雪などの環境要因は、部分的にナンバープレートの字を読み取りにくくすることがあり、一部のみの読み取りが発生する可能性を増加させます。それに加えて、「2」と「Z」、または「8」と「B」、または「0」などの似ている文字と数字も読み取りの正確性を低める可能性があります。

ファジーマッチングによってAutoVu(オートビュー)はホットリストの完全一致だけでなく、可能性のあるまたは推定される一致の読み取りも比較できます。ファジーマッチングは、ホットリストに対して1つ以上のエラーを含むナンバープレートの読み取りを比較することで読み取りの信頼性に追加されたレイヤを提供し、可能性のある一致にアラートを送信します。これによってオペレーターにはファジーマッチングがなければ通知されなかった可能性のある重要な情報が提供されます。

システム設定と結果のカスタマイズ

AutoVu(オートビュー)のファジーマッチング設定はアプリケーションの動作環境に合わせて調整できます。ホットリストに対するナンバープレートの相互参照を行うときの調整用のしきい値は、代わりに完全な読み取りに依存して推定される読み取りの数を限定するように調整される可能性があります。Security Center(セキュリティ・センター)のバックエンドシステムから、または車載アプリケーションであるAutoVu Patroller™から直接のどちらかで、類似した文字、読み間違える文字または両方を考慮しながら、ホットリストに車両をマッチングするようにシステムを設定することができます。オペレーターは、必要なヒットに対して警告されるだけであり、状態、車両メーカー、型式、年、またはVINなどを発行することで情報を検証するか、またはヒットを消去してパトロールを続行するために他の車両情報を使用できます。