都市全体の監視

Security Center Federation™機能を使用して
個別管理の監視システムを統合

続きを読む

スタジアム監視

米国メットライフ・スタジアム(82,500席)は
Security Centerでセキュリティー確保

続きを読む

監視カメラと入退室システムの統合

直感的なインターフェースで
より効率的な状況把握を実現

続きを読む

カジノ監視

画像解析やアラームとの連携により
高セキュリティと効率管理を実現

続きを読む

セキュリティオペレーションの統合化

Genetec はIP系セキュリティシステムを牽引する革新的企業であり、ビデオ監視、アクセスコントロール、そして自動車ナンバープレート認識ソリューションから構成される統合製品群を提供することにより企業が変革する手助けをしてまいりました。Genetec 製品はネットワーク技術の利点を最大限生かすようデザインされています。また、お客様が多種多様なエッジ端末や第三者製システムを選択することを可能とし、さらに、システムがお客様のニーズとともに進化し成長するためにこの上ない柔軟性を提供できるようオープンアーキテクチャという考えを基に設計されています。私たちの技術の中心は Security Center(セキュリティセンター)、Genetec がお送りする統合セキュリティプラットフォームです。

詳細情報はこちら

デスクトップからより使いやすくご利用頂くためにウェブサイトを更新いたしました。またモバイル端末からのアクセスもより使いやすく更新いたしました。

各種製品

最も直感的なIP系ビデオ監視システム

視る目が変われば世界が変わる

Omnicast は、当社の Security Center のプラットフォームで稼働するIPビデオ監視システムです。Security Center とは、お客様のセキュリティニーズに合わせ、あらゆる規模に対応する能力を備えた統合セキュリティプラットホームの名称です。主要メーカーのカメラ、エンコーダー、CCTV 装置を広範囲にサポートし、セキュリティ分野の需要に応じ対応できるよう設計されています。

IP系入退室管理システム

ニーズとともに成長する

Synergis™ は、Genetec 社の統合セキュリティプラットフォーム Security Center の IP 入退室管理システムです。カードを用いた入退室管理や訪問者の管理、ハイレベルなアクセス制限など、さまざまなタイプの条件設定を必要とするお客様から選ばれています。

自動ナンバープレート認識システム

セキュリティを増強し、生産性を上げる

AutoVu™ は IP ベースの自動ナンバープレート認識システムです。Genetec 社の統合セキュリティプラットフォーム Security Center の製品です。 車両の中あるいはオフィスでも AutoVu を使って自動車のナンバープレートを自動識別します。AutoVu は市街監視、セキュリティ、車両入退管理、警察、駐車施設などの組織から定評あるソリューションとして、高い評価をいただいています。

クラウドサービス

インフラに時間をかけずに、セキュリティ機能を管理

Genetec のクラウドサービスは、お客様がより迅速にオンプレミスにあるセキュリティセンターシステムの機能性を拡張することを可能にするとともに、ITインフラストラクチャーへの投資を削減することを実現します。

利用事例

交通運輸業界

オペレーターが最高の効率で勤務できるようにするとともに、乗客の安全を確保します。

最も重要な目標は、インシデントが重大事故に発展した結果、ターミナルの封鎖や、乗客や従業員の安全が侵害されるなどの損害が発生する前に未然に防止、または検出することです。当社のIPセキュリティソリューションは、イベントの発生地点を特定し、従来は考えられなかったほど問題点を迅速かつ効率的に把握できます。

エネルギー/ユーティリティ産業

石油、ガス、およびユーティリティ産業のための信頼性の高い投資

監視、報告、アラーム管理といったセキュリティ運用の共通する側面を標準化し、単一の直感的なプラットフォームの内部に構成することにより、運用コストを抑えながら、オペレーターの生産性を高めることができます。統合セキュリティプラットホームのパイオニア、Security Center(セキュリティ・センター)を選択する理由がそこにあります。その主な利点を紹介します。

幼稚園から12年生以上までの教育

学生に安心感を与え、教育活動に集中できる環境の構築

限られた予算およびリソースのなかで安全対策を強化しようとすることは、決して容易ではありません。当社のIPベースのソリューションは、セキュリティ業務を簡素化し、コストを削減しながら、コミュニティのリソース共有を可能にするように設計されています。

ニュースレターを購読する

フォローして下さい