ハードウェア選択の自由な道を開く

Synergis™ Cloud Link(シナジスクラウドリンク)アプライアンスは、Synergis(シナジス)入退室管理システムでのハードウェアの選択の幅を広げ、人員や資産の保護に高次元のセキュリティを提供します。主要ベンダーのドア制御用ハードウェアや電子錠をネイティブにサポートする Synergis Cloud Link は、特定の製品、ベンダーに依存しない入退室管理システムを求めるお客様からの長年のご要望にお応えできる強力でインテリジェントな PoE 対応アプライアンスです。ドアのハードウェアがクラウドに対応していなくても、Synergis Cloud Link がクラウドに接続して、真の Access Control as a Service(ACaaS)を提供できます。

ハードウェアの選択

ハードウェア依存からの脱却

独自仕様の入退室管理用ハードウェアから自由に

独自仕様のハードウェアに縛られる必要はありません。Synergis Cloud Link アプライアンスと、HID Global、Mercury Security、Axis が提供する汎用機器や、ASSA ABLOY、Allegion、Salto が提供する電子錠との緊密なインテグレーションを活用してください。

既存の入退室管理プラットフォームの最新化

物理的なセキュリティ戦略を最新化

新しいシステムを導入する場合でも、既存の入退室管理プラットフォームを刷新する場合でも、ネットワーク上に Synergis Cloud Link アプライアンスを導入することにより、ドアへのリアルタイムな接続、ネイティブの脅威管理およびイベントとアラームに関するレポートを即座に提供する IP 対応のセキュリティシステムに移行することができます。

システムの規模を調整してコストを節約

効率的なアプローチでシステムを拡張

Synergis Cloud Link アプライアンスでは、簡単にシステムの規模を調整して、TCO(総所有コスト)を削減できます。複数の現場がある組織の場合は、このアプライアンスを遠隔地の現場に導入することで、市販の高価なサーバーに対して費用を削減できます。現場全体に Synergis Cloud Link を導入してクラウドに移行すれば、入退室管理サーバーのメンテナンスが不要になるので、総所有コストをさらに削減することができます。

主な機能

エンタープライズクラスのニーズ

ドアへの高度なセキュリティ対策

Synergis Cloud Link アプライアンスで独自にサポートされている各種の高度なセキュリティ機能を活用して、セキュリティをさらに強化できます。

  • 脅威レベル管理
  • 特定エリアの封鎖
  • スケジュールに基づくアンチパスバック(退出防止)
  • 責任者アクセス
  • 二名認証、訪問者エスコートモード
ドアロックのためのモバイルリーダー

高度で安全な通信

最先端の通信手段により、デバイスはサーバーへの接続とは関係なく安全に通信できます。

  • Synergis Cloud Link 間のピアツーピア(P2P)通信
  • P2P 入出力リンクルール
  • P2P 通信を使用するグローバルアンチパスバック
  • 安全な通信
  • ダウンストリームコントローラーと電子錠による暗号化された通信
コストの削減

導入コストとメンテナンスコストの削減

システムを新しく導入する場合でも、IP 入退室管理システムに移行する場合でも、Synergis Cloud Link を使用すると、単一の現場および複数の現場への総導入コストを削減できます。

  • PoE 対応による配線コストの削減
  • 遠隔地の現場に導入する場合でもサーバー導入を不要とする強力なゲートウェイアプライアンス
  • Synergis システムからファームウェアのアップデートを直接一括でスケジュール設定
  • 入退室管理サーバーの設置数を削減できるスケーラビリティ

アーキテクチャ

Synergis Cloud Link Diagram